「過保護のカホコ」第2話あらすじ&ネタバレ&久保田紗友のプロフィール

過保護のカホコ2話あらすじ

自分は「人を幸せにするための仕事」がしたいのだと気づいたカホコに、
泉は専業主婦になって家族を幸せにすればいいと勧め、
父正高は娘の成長の兆しを感じていた。


カホコが大学の同級生、初から社会に出て働くのが怖いのでは
ないかと指摘されたことを知った泉は、
まるで自分が言われたかのように怒るが、


xx.bmp
父親や親戚の職場見学をして理想の仕事を見つけたい
と言うカホコに同行することにする。

z.bmp
正高は会社に見学に来たカホコに自分の仕事を説明するが
なぜ今の会社に就職したのか」と言う質問にうまく答えられず、

警官の叔父.衛と看護師の叔父.厚司が自分たちの仕事のきつい面や
マイナス面がカホコには合わないのではないかと答える。


なかなかぴんとくる仕事が見つからず悩むカホコは、
初から勧められた色々な職業が紹介してある本を読み漁る。

しかし、どの仕事もカホコには向いていない理由が見つかるばかり。
泉は結局就職より花嫁修行するのが1番の得策なのだと主張する。

そんな中、カホコはプロのチェロリストを目指す従姉妹のイトに
チェロを始めた理由を尋ねに行くが、 ウィーン留学のかかった
コンクールを目前にイトが手首の痛みを隠して練習を続けていることを知ってしまう。


周りに心配をかけないために黙っていてほしいと頼まれるカホコだったが、
イトの両親を始め親戚一同が寄せるイトへの過剰な期待とプレッシャーの前に
カホコはママに初めて秘密をつくる。


コンクール当日。勝手にイトの優勝を確信する親戚たちの中、
カホコは自分しか知らないイトの手首の痛みに気が気でない。
そしてとうとうイトが演奏する順番が回ってくるのだが…。



この後コンクールの演奏中イトの手首は限界に達した。
病院に搬送されたイトの手首は二度とチェロご弾けないだろうと
者から宣告される。

周りの親戚は皆、イトに気を使いご機嫌を伺う中、
悔しさと悲しみをこらえて必死に耐えているイト。

後日イトを励ますために初にアルバイト料まで払い千羽鶴を
一緒にを持ったカホコはそれを持ってお見舞いに行く。

何とかイトを励まそうと懸命に言葉を絞り出すが
その態度についにイトが爆発する。


「わたしは昔からカホコが嫌いだった!」

初めて人から罵倒されたカホコは頭がパニックになって
わけが分からなくなる。



第2話感想

今まで周りの期待を一身に受けてチェロ一筋に頑張ってきたイとの
落胆した気持ちはよくわかります。

しかし今までカホコにとって子供の頃から仲の良い従姉妹同士だったイトに
激しく罵倒された温室育ちのカホコも現実が受け止められず、
パニックに状態に陥っていましたね。


両耳を塞いでイトの声を遮断するところは、
まるで童謡しか聴いたことのない幼稚園の女の子に
いきなり大音量でヘビメタを聴かせるようなそんな惨さを感じました。

l.bmp
でも人間成長するとは痛みを伴うものですからね。
これから少しずつカホコの自我が芽生えていくところが楽しみですね。




イト役の久保田紗友のプロフィール
6ce6a9f742c48d37508c18380d554c8c.jpg
 2000年1月18日生まれ  17才

北海道札幌市出身

ソニーミュージックアーティスツアーティスツ所属

身長157センチ

職業 女優、タレント、歌手

ジャンル・・映画テレビドラマ


子供の頃に見ていたテレビドラマ「美少女戦士セーラームーン」
火野恋役で出演していた北川景子に憧れ、女優を志すようになる。

なお、北川は今でも自身の目標であると言う。

小学校4年の時から地元のキャスティングオフィスエッグに所属し
舞台やCMなどに出演。

2011年ソニーミュージックの女優発掘オーディション「アクトレス」
から選抜され10代の女優からなる。ハーベストのメンバーとなる。

2013年2月放送のBS TBSドラマ「神様のいたずら」の主演に抜擢される。
同作品の主題歌も担当する。

特技はダンス料理ものまね
趣味はDVD &音楽鑑賞
2015年春に上京し本格的に活動を開始した。
性格はポジティブでマイペース


落ち込んだ時はカラオケで好きな歌を歌うなどして
翌日までは引きずらないと決めている。

将来的には「他の人にない雰囲気があって、
分に近い役から人間とは思えないような役まで出来る、
振り幅が広い大きな女優になりたい」と言う目標がある。

また、海外の映画に出てみたいと言う夢も持っている。

宝物2016年の正月に買ったカメラ。
何でもない日常がレンズを通すと違った世界に見えるところが好きだと言う。

テレビドラマ
桃山おにぎり、
10万分の1 偶然
神様のいたずら
びったれ!
ドラマ赤レンガ喧騒の街
静かな海
インディゴの恋人運命に似た恋
世にも奇妙な物語16秋特別篇
べっぴんさん
など
映画も多数出ておられます

まだ若干17歳と言うのにすごいキャリアですね
彼女もこれから注目するべき女優の1人だと思います。


読んでいただき、
ありがとうございました。

この記事へのコメント