「過保護のカホコ」第5話あらすじ&カホコは障害?について

「過保護のカホコ」第5話あらすじ


カホコと泉が都合のいい時だけ自分を頼り、
スポンサーとしか思っていないことにキレた正高は家を飛び出す。


心配するカホコをよそに泉は「反省するのは正高の方だ」と主張し、
正高に連絡することを禁じる。


一方、実家に身を寄せた正高は、出戻りの妹教子(濱田マリ)から
煙たがられ、正気のない両親のもとで居心地の悪さを感じるが、
妻と娘の方から謝ってくるだろうと意地を張っていて…。


初から絵のモデルを頼まれたカホコは、親に甘えるのはやめて
将来のことを考えるいい機会なのではと助言される。

ppp.bmp

社会経験を積むためにアルバイトとインターンを探し始めたものの、
当然のようについてきた泉が勝手に職場を決めてしまうばかりか、
失敗ばかりするカホコを見ていられず、仕事も手助けしてしまう。

lll.bmp

そんな中、親戚の間でもトラブルが続発!
衛(佐藤二朗)との今の幸せが壊れることに不安を感じる環(中島ひろ子)は
喘息で病院に運ばれ、チェロを弾けなくなり非行に走ったイト
(久保田紗友)は警察に補導される。

kkk.bmp

再び初に相談したカホコは、初が自分を捨てた母親に今でも
ただならぬ思いを抱いていることを知る。


問題だらけの親戚のため、そして家族のいない初のために
何かできることがないかと考えるカホコに成長を感じた
祖母の初代(三田佳子)は、カホコを信じて子離れするよう
泉に助言するが…。



同じ頃、カホコから連絡に待ちくたびれ、途方にくれた正高の元に
カホコが現れる。喜ぶ正高だが、カホコは家に帰って来て欲しいと
言い残し、全速力で姿を消してしまうのだった…。

uuu.bmp

カホコはもう1人、自分が救いたい初の元へ向かっていた…。


引用元 http://www.ntv.co.jp/kahogo-kahoko/



第5話感想


初君が大事に持ってる、使用済みの赤絵具には
悲しい過去がありましたね。

母親が出ていく前に、買ってくれた赤絵具。

この部分だけ切り取れば、「ごめん、愛してる」の
陸が持ってる指輪と被りますが・・・



しかも、カホコのママが初君に対する態度が、
日向麗子(大竹しのぶ)が陸に対する時と似ているんですけど。


もしかして、初君を捨てた母親は、
カホコのママなのか?

と、凄く話がぶっ飛びましたね(汗)




そして、カホコもようやくもがきながらも自分の力で
殻を脱ぎかけ、独り立ちしようとしてるのに。


なんで、今度はママが出ていくのでしょうか?

このママ最悪です!


自分のしている事が、娘の成長の妨げになっていることが、
何故分からないのでしょう?


ここは、しばらくはママ一人で自分を見つめ直して
もらうべきかと思います。


荒療治ですが、そのくらいしないと、この親はいつまでも
子離れできないでしょう。



それにしても、初君はカホコの親に対しても堂々と交際宣言して。

子供の頃から自立して来ただけに、一本芯が通ってますね。


過保護で軟弱な女と思っていたカホコの、
ピュアでひたむきな人間性に心を打たれたようで、
次回予告では、カホコに「付き合おう」と言ってましたが・・・


母の家出と二人の恋愛模様が気になりますね。




それと、今日「過保護のカホコ」に対してのネットの
コメントを見ていたら、

「カホコが発達障害に見える」という書き込みが多くて驚きました。


今頃のこの国の風潮なのか?なんでも歪んだ見方で物事を見る
人が多い傾向がありますね。

なんか寂しいというか、情けない気持ちになる。


昔、和久井映見の「ピュア」というドラマや、
最近では「ごめん、愛してる」で池脇千鶴が演じる若菜役なんかは、
はじめから障害がある設定なんですが、


カホコの場合は障害と言う設定ではなく、
「過保護」の設定ですから、

今までがあまりにも、温室育ちで、親におんぶに抱っこ
されっぱなしだったのが、初君に出会って初恋をした事で、
頭の中がパニック状態になってるだけでしょう。


よく若い頃に真面目で遊んだことがない男が、
中年になって女遊びにハマるケースがあるように、
カホコも21歳で初恋って言うのが、遅すぎるしね。


観てる人の歪んだ目線で勝手に「障害か?」とか言われると、
やってる演者も気分が良くないと思います。


もっと純粋に、ドラマの設定を素直に受け止めて、
高畑充希の完璧な役作りと演技に感動して観た方が、
楽しめませんか?と思うのですが・・・。



如何でしょうか?





今回も読んでいただき、ありがとうございました。

この記事へのコメント