「先に生まれただけの僕」最終回あらすじ&関りおんが倒れた

聡子から別れを告げられた上に、加賀谷からは 京明館の校長を続けたいなら会社を辞めて転籍するよう迫られた鳴海。 一方、ちひろら教師たちは来年度の新入生を増やすための 活動を地道に続けるも、その努力もむなしく入学希望者は思うように集まらない。 鳴海は来年度の新入生が定員割れになったら自分が責任を取ると教師たちに宣言。 ちひろは、鳴海が京明館を辞めてしまう…

続きを読む

監獄のお姫様 あらすじ&感想と小ネタ

出所した カヨ (小泉今日子) は、 千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るため スマホを購入し、早速メールアドレスを登録。 その後、美容院で働き始める。 一方、自立と再生の女子刑務所では、 カヨたちがいなくなった雑居房で、 しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも 黙々と美容教室で修行していた。 そんなしのぶを見守る中、 何とかしてしのぶの息子・勇介…

続きを読む

「陸王」8話あらすじと竹内涼真vs山崎賢人の人気と演技力

ランニングシューズ「陸王」製造の 心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、 最大のピンチに追い込まれた「こはぜ屋」。 窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは 「会社を売らないか」と提案され、宮沢(役所広司)は 「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にする。 陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の 造…

続きを読む

「先に生まれただけの僕」9話あらすじ&感想

バスケ部のコーチが勝手に遠征試合を決めて、 高額な遠征費が掛かる事で、 保護者4人が怒鳴り込んできた。 その対応の結果、学校が総額80万を負担することに。 一方、鳴海と聡子はすれ違いが悪化して、 聡子は仕事に身が入らず、大きなミスをしてしまう。 加賀谷専務は娘が京明館に入るなら、 鳴海校長を会社に戻す事を決め、 鳴海に会社に戻る…

続きを読む

「奥様は取り扱い注意」最終回あらすじ&感想

菜美(綾瀬はるか)が、愛する旦那・勇輝(西島秀俊)の 本当の姿を小雪(西尾まり)から知らされた夜、 史上最大の“夫婦喧嘩”が勃発した!! 自分のすべてを尽くした死闘の中で お互いへの愛を再確認した菜美と勇輝は、 一時“休戦”。 任務のために菜美に近づきながら 本気で菜美を愛してしまった苦悩を 打ち明けた勇輝は、 “普通の主婦”としてドイツ…

続きを読む

「先に生まれただけの僕」多部未華子の顔が変わったと話題に。

「先に生まれただけの僕」第8話あらすじ 学校的には大した問題はなく、 ひとりの生徒の成績が落ちて来て、 親が学校の責任にして、怒鳴り込んできたけど、 実はその生徒が、将棋に夢中で、 熟もサボってまったく勉強をしていなかった。 生徒はプロ棋士になりたいが、親が反対する。 宮部みゆきさんのソロモンの偽証という 中学校で生徒が謎の死を遂げ…

続きを読む

M-1グランプリ 2017決勝進出者と歴代王者

早いもので明日からもう師走! 師走と言えば M-1グランプリの季節ですね。 最近私は又吉直樹先生の「火花」を 読ませてもらいましたので、 このM=1に賭ける芸人さんの思いが 今まで以上によくわかる気がします。 漫才をテーマにした話なのに、 最後は涙がポロリとにじんで来る良い話でした。 今年のM‐1は12月3日(日) 18時30分…

続きを読む

「奥様は取り扱い注意」9話あらすじ&感想と視聴率は?

「奥様は取り扱い注意」9話あらすじ&感想と視聴率は? 9話あらすじ 菜美(綾瀬はるか)の住む街で、一人の主婦が自ら命を絶った。 横溝(玉山鉄二)に弱みを握られ主婦売春を続ける日々に、 耐えられなくなったのだ。 菜美は不吉な予感を抱くがその正体を掴むことはできず、 真相は表沙汰にならないまま闇に葬られてしまう。 そんな中、勇輝(西島…

続きを読む

「監獄のお姫さま」の感想で つまらないにクドカンは?

7話あらすじ エドミルク社長室では、若井 (満島ひかり) が刑事の 池畑 (米村亮太朗) から 吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受けていた。 「古井わかば」 という刑務官が存在しないことを問われた若井は…。 2014年。 自立と再生の女子刑務所に 長谷川 (塚本高史) がタキシード姿で、 カヨ (小泉今日子) の面会にやってきた。 獄中…

続きを読む

民衆の敵の今田美桜の可愛すぎる水着&動画

まさかの市長にまで成ってしまった佐藤智子議員。 時給900円のパートだった主婦がどえらい出世です。 人生何が起こるか分かりませんね。 犬崎の操り人形になるのは嫌だけど、 でもその権力がないとやりたい事も出来ないと言う苦悩。 でも友達だったライターの石田ゆり子は、 権力に属されたと佐藤議員に反感を持ってましたが、 新聞記…

続きを読む