「ごめん、愛してる」7話あらすじ

「ごめん、愛してる」7話あらすじ 交通事故を起こし生死を彷徨うサトル(坂口健太郎)。取り乱した麗子(大竹しのぶ)は理不尽にもサトルの運転手である律(長瀬智也)を責め立てる。 そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。 その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に…

続きを読む

「黒革の手帖」第6話あらすじ

「黒革の手帖」6話あらすじ ついに長谷川庄治(伊東四朗)から銀座の最高峰クラブ『ルダン』を買い取る準備を整えた原口元子(武井咲)は、 手付金の5千万円を現金で支払い、売買契約書を交わす。 長谷川との商談を終え自宅に戻った元子のもとに中岡市子(高畑淳子)が現れ、楢林謙治(奥田瑛二)から奪った5千万円を返すよう迫る。 「何の話だかさっぱり」ととぼける元子に「あなたが破滅す…

続きを読む

「過保護のカホコ」第7話あらすじ

過保護を卒業し自立するために努力するカホコ(高畑充希)と、手助けしたくなる気持ちをこらえ敢えて突き放した態度をとる泉いずみ(黒木瞳)に、正高まさたか(時任三郎)は根本家が少しずつ変わろうとしている空気を感じる。 そんな中、カホコは初代はつよ(三田佳子)が重い心臓の病気を隠していることを知ってしまう。 今まで通りの暮らしを続けたいので家族に黙っていて欲しいと頼まれたカホコは初はじめ(竹内涼…

続きを読む

「ごめん、愛してる」第6話あらすじ&ネタバレ

「ごめん、愛してる」6話あらすじ 日向麗子(大竹しのぶ)の隠し子疑惑が報道され、日向家にマスコミが殺到する。 困惑する麗子を守るため律(長瀬智也)は報道陣を相手に暴れる。 世間に律の存在が明るみになる事を恐れた恒夫(中村梅雀)は、律を納戸に閉じ込める。 麗子は自らのスキャンダルでサトル(坂口健太郎)の将来に悪影響を与えてはならないと思い、記者会見ですべてを語ることに。 凜華…

続きを読む

「黒革の手帖」第5話あらすじ

「黒革の手帖」第5話あらすじ 新しくホステスになった島崎すみ江(内藤理沙)を使い、上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)の裏口入学斡旋者リストを手に入れた原口元子(武井咲)。 次は橋田が買おうとしている料亭『梅村』を奪い、それを2億円で転売して、銀座の老舗クラブ『ルダン』を手に入れようと考える。 その矢先、『ルダン』を所持している人物が政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊…

続きを読む

「過保護のカホコ」6話あらすじ

「過保護のカホコ」6話あらすじ カホコ(高畑充希)の脱過保護宣言を受けて突然家を出てしまった泉いずみ(黒木瞳)。根本家では残された正高まさたか(時任三郎)とカホコが慣れない家事に手を焼き、家の中はメチャクチャに。  一方で初はじめ(竹内涼真)が両親の前で交際を申し込んでくれたことが嬉しいカホコだったが、「カホコと呼ぶこと」と「好きだと言うこと」の2つのお願いに、照れる初はなかなか答えてく…

続きを読む

「ごめん、愛してる」第5話あらすじ&宇多田ヒカルの主題歌『Forevermore』

「ごめん、愛してる」第5話あらすじ 律(長瀬智也)と若菜(池脇千鶴)、魚(大智)と一緒に暮らし始めた凜華(吉岡里帆)。 律は、今までになく心が落ち着いている自分を感じていた。そんなとき、若菜が仕事を失う事態に。 働きたい、と訴える若菜を見て、凜華は彼女を日向家で雇い入れることを提案する。 律は渋い顔だ。そして若菜から律について聞いた恒夫(中村梅雀)は、律があの時の子供だと確信…

続きを読む

黒革の手帖 第4話あらすじ

武井演じる主人公原口元子が「銀座の女王」になるべく夜の街銀座で黒革の手帖を武器に孤高の戦いを挑んでいく松本清張原作の木曜ドラマ『黒革の手帖』。 これまで激しい女のバトルやかつての上司とのバトルなど、ハラハラさせる展開を見せてきたが、8月10日に放送される第4話では元子の新たな計画が動き出す。 売値が3億とも言われる銀座の最高峰クラブ「ルダン」を手に入れると言う野望を抱…

続きを読む

「過保護のカホコ」第5話あらすじ&カホコは障害?について

「過保護のカホコ」第5話あらすじ カホコと泉が都合のいい時だけ自分を頼り、スポンサーとしか思っていないことにキレた正高は家を飛び出す。 心配するカホコをよそに泉は「反省するのは正高の方だ」と主張し、正高に連絡することを禁じる。 一方、実家に身を寄せた正高は、出戻りの妹教子(濱田マリ)から煙たがられ、正気のない両親のもとで居心地の悪さを感じるが、妻と娘の方から謝ってくるだろうと意地を…

続きを読む

「ごめん、愛してる」第五話あらすじ&池脇千鶴脱いでいた映画と彼氏

「ごめん、愛してる」第5話あらすじ 律(長瀬智也)と若菜(池脇千鶴)、魚(大智)と一緒に暮らし始めた凜華(吉岡里帆)。 律は、今までになく心が落ち着いている自分を感じていた。そんなとき、若菜が仕事を失う事態に。 働きたい、と訴える若菜を見て、凜華は彼女を日向家で雇い入れることを提案する。 律は渋い顔だ。そして若菜から律について聞いた恒夫(中村梅雀)は、律があの時の子供だと確信する・・…

続きを読む